おさかなの諸国漫遊記
おさかなの諸国漫遊記都道府県目次香川県小豆郡 > 伊喜末
伊喜末 いぎすえ
香川県⼩⾖郡土庄町伊喜末
沿革
令制国 備前国(びぜんのくに)→讃岐国(さぬきのくに)
江戸期 伊喜末村(いぎすえむら)淵崎村の枝村
宝永5年 1708年 讃岐国に所属変更
明治11年12月16日 1878年 郡区町村編制法施行により行政区画としての小豆郡が発足
明治13年 1880年 淵崎村の枝村から独立
村制施行 明治23年2月15日 1890年 小豆郡四海村の一部(しょうずぐんしかいそん)
新設合併 昭和30年4月1日 1955年 小豆郡土庄町の一部(しょうずぐんとのしょうちょう)第二次
地勢
小豆島の北西部海岸に位置し、北は小江村、南は皇踏⼭を隔てて淵崎村。淵崎郷に属す。⻄は海に⾯し室崎が突き出して良港を形成し、備前との交流地点として早くから開けた港と考えられる。地名の由来は,応神天皇が小豆島に上陸した最初の土地であるところから、行幸(御幸)と休息の「息をすえる」が一緒になって「いぎすえ」となり、伊喜末の字をあてたものという。海岸の砂浜に伊喜末遺跡があり、縄文・弥生時代の遺物が出土している。伊喜末八幡宮近傍には塩浜があった。西方海上の葛かつら島と小豊おで島は当村に属する。松林寺(真言宗善通寺派)の本尊薬師如来は明暦3年(1657)村の沖の海中から出現したと伝え、眼病・いぼ取りの薬師として信仰される。
領主変遷
慶長5年~天保9年(1600~1838) 幕府領(大阪船奉行・同町奉行・伏見奉行・倉敷代官などの支配)
宝永5年~正徳2年(1708~1712) 讃岐高松藩預
享保6年~元文4年(1721~1739) 讃岐高松藩預
天保9年~(1838~) 美作津山藩領(越前松平家10万石)
旧高旧領
美作津⼭藩領(越前松平家10万石)淵崎村の支村|宝暦明細帳では197石余
写真
伊喜末八幡神社(いぎすえはちまんじんじゃ)香川県小豆郡土庄町伊喜末
松林寺(しょうりんじ)香川県小豆郡土庄町伊喜末641
Copyright ©2000- おんぐるだん. All Rights Reserved.