おさかなの諸国漫遊記
おさかなの諸国漫遊記都道府県目次香川県小豆郡 > 肥土山
肥土山 ひとやま
香川県⼩⾖郡土庄町肥土山
沿革
令制国 備前国(びぜんのくに)→讃岐国(さぬきのくに)
江戸期 肥土山村(ひとやまむら)
宝永5年 1708年 讃岐国に所属変更
明治11年12月16日 1878年 郡区町村編制法施行により行政区画としての小豆郡が発足
明治13年 1880年 支村<笠ヶ滝村・黒岩村・小馬越村>が独立
村制施行 明治23年2月15日 1890年 小豆郡大鐸村の一部(しょうずぐんおおぬでそん)
新設合併 昭和30年4月1日 1955年 小豆郡土庄町の一部(しょうずぐんとのしょうちょう)第二次
地勢
小豆島中央部、蛙子池から流れる伝法川流域に位置し、東・南・北三方は山,西流する伝法川に沿って西方へ低くなる。肥土山郷に属す。川沿いの田圃以外の耕地はみごとな段々畑をなしている。地名の由来は、古代・中世の荘園肥土荘にちなむ。同荘荘域は近世里肥土と山肥土に分かれ、山肥土が肥土山となり,里肥土が土庄・淵崎・上庄となったという。中世末期にはキリスト教の宣教師やキリシタン大名高山右近らがかくれ住んだ地ともいう。畷の北方にある多聞寺(現高野山真言宗)はもと東林坊と称し、本尊は薬師如来。離宮八幡宮は治承3年(1179)太田宗伊の創建。同神社前には茅葺きの農村歌舞伎の舞台があり,毎年春には農民によって仮名手本忠臣蔵・菅原伝授手習鑑・肥後の駒下駄などが上演された。舞台は神社に向かい、さじきは傾斜に6段あり、1つの組の者が1つの段をしめ,毎年下へ下っていき、下の者はまた一番上へもどる習慣がある。また,離宮八幡宮では毎年稲の植え付け後に虫送りをした。神事の後,子どもに持たせた竹の先に火をつけ夕方の畦道を走って下の黒岩との境の川までいくが、この時離宮八幡宮へ多聞寺住職がきて神事を行う。蛙子池は小豆島最大の溜池で、太田典徳によって貞享3年(1686)につくられた。
領主変遷
慶長5年~天保9年(1600~1838) 幕府領(大阪船奉行・同町奉行・伏見奉行・倉敷代官などの支配)
宝永5年~正徳2年(1708~1712) 讃岐高松藩預
享保6年~元文4年(1721~1739) 讃岐高松藩預
天保9年~(1838~) 美作津山藩領(越前松平家10万石)
旧高旧領
美作津山藩領(越前松平家10万石)417石余※支村<笠ヶ滝村・黒岩村・小馬越村>を含む|宝暦明細帳では344石余
写真
離宮⼋幡神社
重要有形⺠俗⽂化財
蛙子池()香川県小豆郡土庄町肥土山
多聞寺(たもんじ)香川県小豆郡土庄町肥土山甲2151
Copyright ©2000- おんぐるだん. All Rights Reserved.