おさかなの諸国漫遊記
おさかなの諸国漫遊記都道府県目次香川県小豆郡 > 大部
大部 おおべ
香川県⼩⾖郡土庄町大部
沿革
令制国 備前国(びぜんのくに)→讃岐国(さぬきのくに)
江戸期 大部村(おおべむら)
宝永5年 1708年 讃岐国に所属変更
明治11年12月16日 1878年 郡区町村編制法施行により行政区画としての小豆郡が発足
明治13年 1880年 支村<小部村>が独立
村制施行 明治23年2月15日 1890年 小豆郡大部村の一部(しょうずぐんおおべそん)
編入合併 昭和32年7月1日 1957年 小豆郡土庄町の一部(しょうずぐんとのしょうちょう)第二次
地勢
小豆島北部、嶮岨山北麓、桂川流域に位置し、北は海に面する。大部郷に属す。地名の由来は、物部氏の一族大部氏の流れをくむものが住んでいたためとも,大野手比売の大と天武天皇第1皇子の草加部王の部をとったものとも伝える。枝村に田井・琴塚の諸村がある。大部神社は弘化2年()再興、大部権現殿社も再建される。氏神は伊喜末八幡宮。観音寺(高野山真言宗)は聖観音を祀る。なお当村は両墓制で有名である。埋墓は海岸にあり、詣墓は寺の境内または集落内にある。桂川上流には20mの断崖から落下する仙崖の滝がある。
領主変遷
慶長5年~天保9年(1600~1838) 幕府領(大阪船奉行・同町奉行・伏見奉行・倉敷代官などの支配)
宝永5年~正徳2年(1708~1712) 讃岐高松藩預
享保6年~元文4年(1721~1739) 讃岐高松藩預
天保元年~8年(1830~1844) 伊予松山藩預
旧高旧領
幕府領(倉敷代官所)382石余※支村<小部村>を含む|宝暦明細帳では153石余
写真
観音寺()香川県小豆郡土庄町大部2040
薬師庵()香川県小豆郡土庄町大部
Copyright ©2000- おんぐるだん. All Rights Reserved.