おさかなの諸国漫遊記
おさかなの諸国漫遊記都道府県目次香川県大内郡 > 帰来村
帰来村 きらいむら
香川県東かがわ市帰来
■地勢
讃岐国大内郡所属。讃岐国大内郡所属。中川上流域と、その支流法月川の流域に集落がある。南部は帰来山を中心とする山林地帯。北は松原村に接する。村名の由来はかつては海浜で波が寄せ来る地であったからという。寛文5年(1665)帰来村のうち200石が高松藩主松平頼重により白鳥神社に寄進され、朱印地となった。南の山裾に古墳時代後期の赤坂古墳群がある。
■沿革
①1890年|明治23年2月15日|大内郡松原村(おおちぐんまつばらむら)
②1899年|明治32年4月1日|大川郡松原村(おおかわぐんまつばらむら)
③1910年|昭和30年7月1日|大川郡白鳥本町(おおかわぐんしろとりほんちょう)
④1955年|昭和30年7月1日|大川郡白鳥町(おおかわぐんしろとりちょう)
⑤2003年|平成15年4月1日|東かがわ市(ひがしかがわし)
■明治初年時点での支配
讃岐高松藩領(⽔⼾松平家12万⽯)248⽯余
観音寺(かんのんじ)香川県東かがわ市帰来797
Copyright ©2000- おんぐるだん. All Rights Reserved.