おさかなの諸国漫遊記
おさかなの諸国漫遊記都道府県目次香川県寒川郡 > 津田村
津田村 つだむら
香川県さぬき市津田町津田
■地勢
讃岐国寒川郡所属。鶴羽村の西、寒川郡北部に位置する。東は津田湾に面し、北西の虎ガ鼻から南東の鵜部岬にかけて、津田湾沿岸に砂浜がつづく。北方北山(196.6m)から南方雨滝山(253.2m)に連なる山地と海浜の間の狭い平地部に集落が広がる。中央部を西から東に津田川が貫流。北山山頂に弥生中期の高地性集落跡があり、津田湾周辺の丘陵地に吉見稲荷山古墳・弁天山古墳・北羽立古墳・宮奥古墳・龍王山古墳・岩崎山古墳群などがある。いずれも前・中期の古墳で、被葬者は海上交通にかかわった豪族と考えられる。高松城下から阿波に至る志度街道が羽立峠を越えて当村に入り、鶴羽村に通じていた。また津田川沿いに神前村(旧寒川町)に至る道があった。海浜に広がる松原は、松籟が天女の琴音にたとえられ琴林とよばれた。
■沿革
①1890年|明治23年2月15日|寒川郡津田村(さんがわぐんつだ-)
②1898年|明治31年2月11日|寒川郡津田町(さんがわぐんつだちょう)
③1899年|明治32年4月1日|大川郡津田町(おおかわぐんつだちょう)第一次
④1956年|昭和31年9月8日|大川郡津田町(おおかわぐんつだちょう)第二次
⑤2002年|平成14年4月1日|さぬき市(さぬきし)
■明治初年時点での支配
讃岐高松藩領(⽔⼾松平家12万石)897石余
津田古墳群
史跡
石清水神社(いわしみずじんじゃ)香川県さぬき市津田町津田106
実相寺(じっそうじ)香川県さぬき市津田町津田1452
加茂神社(かもじんじゃ)香川県さぬき市津田町津田106
北峰神社(きたみねじんじゃ)香川県さぬき市津田町津田
等利寺(とうりじ)香川県さぬき市津田町津田1906−1
光西寺(こうさいじ)香川県さぬき市津田町津田1253
Copyright ©2000- おんぐるだん. All Rights Reserved.